歯科矯正が必要な歯

歯科矯正は基本的に保険適応外の治療になります。

矯正関心情報

その為、医療費扱いではありますが、実際の費用は一般的なワイヤー法で30万円から60万円かかります。

部分的な矯正の場合は5万円など少額で済みますが、全体的な歯科矯正の場合時間もかかりますし、多額の費用が必要になります。

基本的に子供の方が矯正は効果も出やすいので、永久歯が出てくる小学校高学年から中学校位までが矯正を行なう最適な時期とされています。

歯並びには凸凹な場合もありますし、出っ歯の状態の場合もあります。

下顎前突といった受け口の状態である場合もありますし、前歯で物をかみ切れない開咬状態である場合もあります。

噛み合わせなど不安に感じた場合は、まずは歯科受診し自分の状態がどういった状態であるのか、矯正が必要であるかどうかは確認したいですね。

ちなみに大人になってからでも歯科矯正は十分可能です。

子供の方が歯は動かしやすいですが、大人でも歯は動きます。

治療期間は長いですが、それに伴うメリットは非常に大きいです。

歯の噛み合わせの有無で日常生活も大幅に変化しますし、体の負担も変わってきます。

歯は体に力を入れる際も重要ですので、気になったら一度医師に確認してもらいましょう。

噛み合わせが改善すれば咀嚼能力もアップしますし、同時に胃腸への負担も減らす事が出来ます。

歯の疾患は大きな病気の元ともなりますし、歯の状態が悪いままでは体調も悪くなりがちです。

歯並びは外見的な問題と考えがちですが、生活の問題ともなりますので、治療は大切なのです。